パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
パンちゃん雑誌デビューか!?
実は、今度仕事関連で雑誌のインタビューを受けることになりました。
(ってもう受けて、担当の方が編集中なんだけど)

私としては、(仕事の半分が自宅でということもあり)「仕事風景の写真を撮ってきてください。」と言われた時に、「むふふ。これこそパンダをデビューさせるチャンス」と、にやつき、主人に頼んで週末に写真を撮ってもらいました。

仕事をする私と、なぜかとってもカメラ目線なパンダ
agase.jpg


こんなのも撮れました
sagase3.jpg


ほとんど、ウォーリーを探せみたいになってるけど、パンダがどこにいるか分かるかな?
sagase1.jpg


とまあ、こんな感じです。
しかも担当の方に「仕事中にとても癒されているので、うちの犬の写真も送ります」と勝手にこんな写真も入れちゃいました。
shigoto.jpg


まったく関係ないやん!という声が聞こえてきそうですが。
これは某英会話教室(っていうのかな)が毎月生徒さん向けに発行している刊行誌に載るらしいのですが、どのように仕上がるかとても楽しみです。手元に届いたらまたお知らせしますね。

【2006.02.09 (Thu)】 生後4ヶ月~生後6ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
玉川上水とコブタ
久我山のほとりを静かに流れる、名流「玉川上水」。
そしてそこを颯爽とかっぽする一匹のコブタ。もといパンダ。

週末は真冬並みの寒さでしたが、突き抜けるような空に誘われて、パンダと近くを流れる玉川上水にお散歩に出かけました。土曜日は主人が、そして日曜は私がそれぞれパンダを玉川上水に連れて行きました。(土曜は私が仕事で、日曜はとよがカゼでダウンしたので一緒に行けなかったのだ)ちなみに、この写真は土曜日にとよが撮ってくれたもの

最初は、慣れない土の上を怖がっていましたが。
パ「なに、これ。コワヒ・・・」
tamajo1.jpg


しばらくすると、だんだん楽しんできたみたい。

パ「ぱぱ、タマガワジョースイって気持ちいいねー」
心なしか表情がうっとりしてます。
tamajo2.jpg


そしてズンズン歩き出しました。(おっ、写真もデカい)
tamagawa1.jpg


気づくと、走ってる!
待ってくれー
tamajo3.jpg


パンダは木の根っこが大好き。
何か気になるにおいがするのかな
tamajo4.jpg


パ「おひさまが気持ちいーね
tamajo5.jpg


もうちゃんと横断歩道も待てるようになったもんね
tamajo6.jpg


最後に一枚。
陽光を浴びて、体をかくパンダ。いつも散歩のときは首輪の辺りをかゆがります。そして突然座り込んで、おやじのような顔をしてかくのです。
パ「あー、ったく。かいーなー」
まるでネコですねー。
tamajo7.jpg


火曜日ごろから気温は上がるみたいです
そうすればもっと長い時間かけて一緒にお散歩できるね

【2006.02.06 (Mon)】 生後4ヶ月~生後6ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
愛しの毛布
パンちゃんがご飯とお昼ねとお散歩と同じぐらい愛してるもの。
それは、この白い毛布です。

パ「あたい、これ好きなのよねー」
mofusuki1.jpg



そこらのホームセンターで買ったわんこ用の毛布ですが、これが厚さといい、歯ざわりといい、パーフェクトなようで、ヒマさえあればこれをくわえて至る所で、くちゃくちゃかんでます。

パ「こうやって、かんでるとママのおっぱいを思い出すのよね」
mofu2.jpg


パンダはくちゃくちゃ毛布をかむ時に、必ず両手を交互にいち、に、と前に押し出すようなしぐさをします。これを延々と続けます。

パ「はぐはぐ。こうやってると落ち着くのよねー」
mofu3.jpg


パンダがいつもかむ(&うんちをふんづけた足で毛布の上を歩き回る)ので、しょっちゅう洗ってるのですが、洗い立ての毛布もお気に入りのようで、すぐにパンダのよだれでカピカピになってしまいます。

恍惚とした表情のパンダ。
mofu4.jpg


パ「あ、ここまだかんでない」
mofu5.jpg


そしてひたすらかんでかんでかみまくり・・・
mofu6.jpg


気が付くとそのままの体勢で寝ています
mofu7.jpg


毛布がけばだってるの、分かりますか?
mofu8.jpg


というわけで毛布がだいすきなパンちゃん。
今日も定位置でうっとりしてます。
mofusuki2.jpg


そして、そのまま即寝ちゃいました。
mofusuki3.jpg


いつもは暴れん坊ですが、この毛布をかみ出したら、落ち着いてそのまままおとなしく寝てくれるので、手放せません。
もう一枚買ってあげようと思い、ホームセンターに行ったけどもう売ってなかったので、他の毛布をあげてみたけど、気に入らなかったみたいで、食いつき(?)が悪いです。

これからも洗い立ての毛布をあげるから、いたずらはほどほどにね☆彡
【2006.02.05 (Sun)】 生後4ヶ月~生後6ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
気管支炎
前回、パンダがたまにブー!ガー!といい、お医者さんに診てもらったら「気管支炎」だったということを書きましたが、今回はその時の面白い(って言ったらパンに怒られそうだけど)写真を紹介しようと思います

まず、レントゲン写真
これは息を吸ってるとき。
kikansu.jpg


そして吐いてるとき。
kikanhaku.jpg


よく違いは分かりませんが、吐いてる時にも気管支まで見えてしまってる=炎症を起こしてるらしいです。というわけで、パンダは
・気管支拡張剤
・消炎剤
をもらい、

・よく分からんが注射
をしてもらい、

・拡張剤の入ったガス
を噴霧してもらうことになりました。

このガスの噴霧ですが、人間のように「さぁ、いいこちゃんね。マスクしましょうね」なんてわけには行かないので、まず金魚バチのような容器にパンダが入れられ、そこにガスを充満させ、勝手に吸ってもらうようです。

ケースに入れられたパンダ。まだよく事情が分かってない感じです。
パ「ママ、パパ。ここどこ?写真なんか撮ってる場合じゃないってば!」
funmu1.jpg


徐々にガスが入ってきました。まるでスモークをたいてるみたい。
私「なんだか、冴えない演歌歌手みたいだね。」
funmu2.jpg


じっとガスの出る方向を見つめるパンダ
funmu3.jpg


この後見る見るうちにケースは真っ白になり、気づくとパンダはそこで寝てました。治療時間は20分ぐらい。

ちょっと慣れないことして、疲れたみたいです。
主人の足の間で、心なしかグッタリ。(この時はちょうど実家のダックスを2匹預かっていた時でもあったので、老犬はなも隣にいます。この人はただとよの隣にいたいだけだけど)
012416.jpg


即、寝てます。
012420.jpg


気持ちよさそう。
012419.jpg


実家のダックスを預かってる間は、ダックス対パンダという構図で毎日ほぼ24時間ケンカしまくり(というか、嫌がるダックスたちにパンダがしつこく遊ぼう!遊ぼう!とちょっかいを出しまくり、キレられる)で、こっちも疲れてしまいましたがそんな中でもいくつか心の温まる瞬間(ほんと、一瞬だけど)がありました。

注)黒ダックスが「うに」ちゃん
  茶ダックスが「はな」ちゃんです。

パンダに追い掛け回されてヘトヘトの2匹と、その間で満足そうに寝るパンダ
012427.jpg


老犬はなにまとわりつくパンダ。ちゃっかりあごを乗せています。
012428.jpg


はなとうにがやっと落ち着いて寝たところを、邪魔しに来るパンダ
パ「ねーねー、あそぼっ♪」
3nin1.jpg


うに「また、あんた?うざいんだってば!」
3nin2.jpg


パ「ねーねー、あそぼってばぁ」
うに「はぁっ。もうやだ。ちょっとどうにかしてよ、この犬」
3nin3.jpg


パ「うりゃうりゃ」
はな「今度はあたしのところに来たの?あっち行ってよ」
うに「ちょっと、写真撮ってるヒマあったら、この犬どかしてよっ」
3nin4.jpg


パ「遊ばないなら、あたいもふたりと一緒にねるー」
うに「はー。ったく。あんたを避けてここで寝てたのに」
はな「助けてくらさい・・・」
3nin5.jpg


二人は無事に火曜日に、お迎えが来て多摩の実家に帰って行きました。
猛烈にうれしそうな後ろ姿だったなー
【2006.01.29 (Sun)】 生後4ヶ月~生後6ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
雪の散歩
先日、東京では結構いっぱい雪が降りました
私は寒くて家で縮こまり、実家から預かっているはなとうにの面倒を見ていたのですが、主人がパンダをお散歩に連れて行ってくれました。

私たちの家の周りもすっかり雪景色に・・・
yuki1.jpg



いつも歩く場所も一変していました。
yuki3.jpg


雪もいいですねー
yuki2.jpg


うちを出たらこんな感じです
yuki4.jpg


さて、肝心のパンダですがふぶく中、結構喜んでルンルン歩いたようです。といってもまず最初にしたことは、雪食い。やっぱり食い意地が張ってるわね。

ぱ「パパ、この雪けっこうおいすぃ☆彡」
yuki5.jpg


おっかなびっくりながら、階段も降りられるようになりました。
yukikaidan.jpg


主人に逆方向に引っ張られながらも、体をふんばり木の匂いをかぐパン。
yukihippari.jpg


ぱ「パパ。誰もいないねぇ・・・」
yukidaremo.jpg


雪にはパンダの足跡がいっぱい。これは、ふんばった時にできた足跡です。
ashiato.jpg


おかえりー!すっかり冷え切ってブルブル震えていたパンダと主人でした

ぱ「マ、ママ。外はさむいようー(涙)」
yukiokaeri.jpg


最近、パンちゃんが家でも外でもぜんそくのように顔をひきつらせてガーガー言うようになりました。病院に連れて行ったら「軟口蓋」というのどの奥にぶらさがっているものが垂れ下がっていて気道にかなりかぶっているんだそう。なので、息を吸い込むときにうまくすえなくて、ガーガーなるみたいです。

けっこう大きい音で「ブォー!ガー!」と鳴るので、私たちはもちろん、散歩で会う他のわんこなどもバッと後ずさります。この発作(?)は数秒から1分近くずっと続くこともあります。
「酸欠でパタッと倒れない限り大丈夫ですよー」と先生は言ってたので、とりあえず様子を見てみようと思います。

幸せそうに寝るパンダ。
お散歩お疲れさまでした!
yukineru.jpg


【2006.01.24 (Tue)】 生後4ヶ月~生後6ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(6)
« 前のページ | BLOG TOP | 次のページ »
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。