パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
07 // 2017.08 // 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
すさまじい食欲と、う○こ
さて、日曜も空いた時間を使って、パンダに会いに行きました。
この日は、ご飯時に行けたので、パンダがガッツく様子を初めてみることができたのです。

ネコパンチも披露してくれたパンダ
nekopunch.jpg



あいーんをするパンダ
PICT0012.jpg


店員さんと楽しく談笑していると、突然たくさんの遠吠えと鳴き声が聞こえ、店内に響き始めました。ご飯の時間だったのです。
パンダの食べてるとこを見たい、というと店員さんはちょっと不安げな表情で、「キライにならないでくださいね・・・」と言い残して、ご飯を用意しに立ち去りました。
どういう意味だろうと思ってると、まずパンダがあまりの空腹のせい(だろな。きっと。そう思いたい)か、うーん、とリキみ始め、私の目の前にお尻を向けて、う○こを始め、その直後、とっても嬉しそうに自分のブツを食べ始めたのです。
慌てて、店員を呼ぶ私。「す、すみません!私達のわんこが、うんこ食ってます!!」かけよるスタッフ。
う○こは無事撤収されたのでした。

そして、ドッグフードが入った皿がケージに挿入された途端、ちっこい頭をすべて容器につっこんでぐじゃぐじゃ食べ始めるパンダ。その様子は、すさまじく一気に息もつかぬまま、食い終わりました。
その後は、「足りねーぞ。もっと食わせろ!!」とケージをめいっぱい走り回り、飛び回り・・・というのが数分ずっと続きました。

これが、毎日続くのね

パンダは、すっかりくつろいだ様子で、前はおびえていた赤いデジカメにも、得意げにカメラ目線を送るようになりました。
↓これが証拠。
PICT0024.jpg



その後、ダンナさんと二人でケージやら、ベッドやらを揃えに家の近くのホームセンター(って呼んでいいと思う。木材とか工具も売ってるし)に行きました。

なんとも悩ましいのは、ドッグフード。やっぱりわんこの健康を考えて、カラダに優しい食べ物にしたいので、これはもう少し考えてから購入することにしました。

あと、4回寝たらパンダと会える!!と思うとワクワクしてたまらなくなって来ちゃう。

待っててねー。
PICT0036.jpg



【2005.11.15 (Tue)】 ~生後3ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(6)
手帳とフェロモン
「モモ」という本を知ってますか?
私はあの本を初めて読んだとき、その話が「時間」について書かれたものだとは、さっぱり分からず、表紙の絵を見てモモの顔と、髪の毛がボサボサの謎(髪を洗っていないのか、お母さんはああいう髪を怒らないのか)ということが気になり、今ではあらすじさえ覚えてない状態です。

この前、「夢をかなえる人の手帳術」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887592493/qid=1131705784/sr=8-3/ref=sr_8_xs_ap_i3_xgl14/249-1157721-3858710
という本と、

「ミリオネーゼ・スペシャル マネー手帳」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887593554/qid=1131705833/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-1157721-3858710

という本を買いました。

私は小さい時から、お金が面白いほどたまらなかったので、そんな私でも一体この膨大なプロジェクトを実現できるのかっっっっ!!!!!なーんて、この本を手に思っちゃったのです。
そして、どーせ金をためるなら、一気に夢もかなえるぞ、と思い、上の本も買ってみました。来年、どんくらい行けるかにゃー。

ところで今日、2週間ぶりにパンダちゃんと会いました。お店の人は、トイレを教えてくれてるみたいで、見に行くとしっかりシートにおしっことう○ち(の跡)がありました。

そしてパンダは、その上で自分と同じ柄のいるかのぬいぐるみの目玉を食いちぎろうと必死にガジガジしており、きづくといるかの白い部分がパンダの血で汚れていました。激しい…。しかもトイレシートの上でゴロンゴロン遊んでるので、必然的にパンダもいるかもう○こまみれ。

その後、かむだけかんだら、飽きたらしく、イルカは無残な姿でケージに残されてました。こんな感じ↓

PICT0028.jpg


もうパンダの心は、夕ご飯に向いてたみたい。

2週間ぶりのパンダはちょっと大きくなり、私たちのニオイも少しは覚えてくれてるみたいでした。でも、さすが女の子だからか、オス(とよ)のフェロモンを敏感に感じ取ったようで、とよが抱くとものすごく喜んで興奮気味なのに、私が抱くと「なんだよ、お前…」みたいな態度をとられてちょっとカナシイ。

とよに抱かれるパンダ
20051112213442.jpg


私に抱かれるパンダ
20051112221501.jpg



明日は、来週我が家にパンダを迎える前に、最後に外で会える日。そして納金です(と、いやに現実的だけど)

その後はいよいよ、近藤家の一員ねー。

ちなみにパンダのケージの近くには、こんな猫もいました。
neko.jpg


すごい寝相・・・
【2005.11.12 (Sat)】 ~生後3ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
出会い
数あるブログの中から、コブタ日記を訪れてくれた皆さん、ありがとうございます!!
この日記は、我が家に住むボストンテリアのパンダちゃんと、私ゆかちんの二人のコブタの日記です。

それでは、早速ですがパンダを紹介します!!( ̄‥ ̄)=3

20051111173602.jpg


じゃじゃん!
かわいいでしょー。親バカと呼んでくれ。
この日は、10月29日。私ととよ(ダンナ)がパンダと初めて対面した記念すべき日でした。

パンダは、11月2日に最初のワクチンを受け、我が家に来るのは来週末(19日)!!!
待ちきれん・・・。

先週、(ダックス2匹を飼ってる)実家からケージももらったし、(虫の死骸がいっぱいあったので、今、干し中)名前も決めたし、とよは「子犬と楽しく暮らす方法」みたいな本を読みふけってるし。
準備は着々とすすんどります。

今日はこれから仕事・・・。深夜に素材が届いてそれに字幕をつけて明日の夕方までに納品です。

私は、4年前に通訳・翻訳という仕事を始めました。この仕事を愛しまくってるけど、なんといっても時間に追われ、ストレスを受けやすい業種であることはタシカ。だからこそ、そんな私を癒してくれるわんこをダンナを巻き込んで、探していたのです。
私は家で仕事をする割合も多く、4月に新しく引っ越してきたこのおうちは、窓から木々が見え、向かいの部屋のクマの人形も見え、鳥や虫の音や子供の声を聴きながらパソコンに向かえるという、とても恵まれた環境。でも何かが足りない!!!とずっと思ってました。

それは、生き物です。もちろん、ダンナさんも生き物だけど、そうじゃなくてもっと小さい、別の言葉をしゃべる人間じゃないチビちゃんがほしい!と思い続けていたところ、パンダと出会えることができました。

とはいえ、実家で私がしつけたわんこが、とてつもなく陰湿でキツイ犬になってしまい、今からヒヤヒヤしてますが、ま、たぶん大丈夫でしょう・・・。

そりでは、また☆彡
【2005.11.11 (Fri)】 ~生後3ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(17)
« 前のページ | BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。