パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
09 // 2006.12 // 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
大晦日だと言うのに。
いよいよ今年も今日で最後です。

パン子に、今日でおしまいだからブログを読んでくださっている皆さんにご挨拶しよーねー、と数日前から言っているのに。





このザマです。


ぐでーん

2006123101.jpg



ねーねー、起きなよ。
みんなにありがとっていうんでしょー。


ぱ「え?」

2006123102.jpg



えじゃないよ。
はやくー。

と、むりやりカメラで迫ると

ぱ「っていうか、あたいそうやってムリじいされるの、ヤなんだよね」

2006123103.jpg



と、ものすごく女帝ちっくな態度です。

あんた、たんに日に当たって、昼寝したいだけじゃん。

じゃ、後でまた来るから、それまでには何か考えときなね。

といって一度立ち去る私。

そしてまた戻ってみると


2006123104.jpg



まだまどろんでる・・・。

おーい。

2006123105.jpg



すんませんが、みんなへの一言は?

ぱ「え?あ、ヒトコトね。ったく、さっきからしつこいなぁ。
なんかテキトーに考えといてよ。」

2006123106.jpg



テキトーにって、だってパンちゃんの言葉でさ

ぱ「ふぅ。わかったよ。じゃ、よいお年をってことで」

2006123107.jpg



え、それだけ?



でもいただきました。

みなさん、今年一年おつかれさまでした!!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

では、よいお年をー

ぱ「そして、よいハツユメを・・・」


スポンサーサイト
【2006.12.31 (Sun)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
今年のヨゴレ、今年のうちに
さて、年の瀬も押し迫ってきました。
我が家は(とよのおかげで)家中、いつもピカピカなので、特に大掃除はしませんでした。

が。

なーんか、掃除し忘れてるよなぁー。と思って気づいたのです。
はっ、そーだ。パンダを年が明ける前に洗っとかねば。
と。

というわけで、急遽おフロに入れることにした私たち。

パンダはよく分からない様子で、おフロ場に入れられます。


ぱ「なんか・・ヤなヨカンがするわ。」

2006123001.jpg



そんな警戒するなよ。

とよ、急いで洗い始めるのだ!

2006123002.jpg



と「あたま、よくなりますよーに」

2006123003.jpg



パン子は、とっても涙目。
ぱ「うぇ~、ゃ、ゃっぱりヨカン的中!」

2006123004.jpg


そして扉の外に立ってる私に気づき、タスケを求めます。

ぱ「ま、ままぁー・・・」

2006123005.jpg



そんな叫びに容赦なくブラシをあてる、とよ。

2006123006.jpg



ついにドアのとこまでやってきました。

ぱ「ひぃぃぃぃぃぃ」

2006123007.jpg



しかし、引き戻され、再びドアを開けてみると

ぱ「むぅぅぅぅぅ」

2006123008.jpg



なんとも情けない姿になってました。

そして、いよいよ浴槽へー。

ぱんちゃん、ちっこい子供のようになっています。

2006123009.jpg


湯をはりながらわんこを入れるほうが、こわがらないよー
というアドバイスのもと、同時にお湯を注ぎます。

2006123010.jpg


お湯がゴポゴポいう音にビクついているので、とよも一緒に入湯です。

と「ほれ、ジャーキーだぞ」

2006123011.jpg


おっ、食べた。

そして、ほかにもないか探しよる。

2006123012.jpg



さすが、浴槽に入るのは初めてではないことをアピールしたいのか、余裕があるなー。

とはいえ、やはりお湯が入ってくる丸いところが気になる様子

ぱ「あれ、こわい・・・」

2006123013.jpg



確かめに行くようです。

2006123014.jpg



そんなパンちゃんを座らせるとよ。

だいぶ、お湯の高さもいい感じになってきました。

2006123015.jpg



ぱ「ど、どぅ?あ、あたいだって座れるのよ」

2006123016.jpg



ぱ「そんでもって、ジャーキーだって食べるヨユーがあんのよ」

2006123017.jpg



ぱ「しかも、お湯だって飲めんのよ」
2006123018.jpg



と、前回の屈辱を晴らしてやるとばかりに強気のパンちゃん。

しかし、その後疲れ果ててグッタリしていたのは、言うまでもありません。


2006123000.jpg


きれいになって、良かったね
【2006.12.30 (Sat)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
むかしといま
パンちゃんは、小さい頃、それはそれは、食べちゃおうかとおもうぐらい、かわゆい子でした。


であった次の日は、こんな感じ。

2006122100.jpg



とってもあどけない。
これが1年後には、あんなおやじみたいな顔になるなんて・・・。

2006122102.jpg



とはいえ、小さい頃からカムのは好きだったみたいです。
今も、フガフガ毛布をかんだりしてるけど、それはやっぱり生まれた頃からのくせだったのかにゃー。

2006122103.jpg



一歩も外を歩いたことのないその肉球は、ほんとにやわらかくて、むにむにで、桃色でした。

2006122104.jpg



でも、当時から寝顔はちょっとやばめ。

2006122105.jpg



そして、本当に「あっ」と言ってる間に寝てしまうのです。

2006122107.jpg



ちなみに、全身はこんな感じ。
当時は実にいろんな寝相を披露してくれました。

2006122106.jpg



近くによると・・・
2006122108.jpg


そして今。

20061221100.jpg



やっぱりあの頃から、今にいたる兆候はあったのだね。
【2006.12.22 (Fri)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(6)
お気に入りのばしょ
ぱんだは、お外がだいすき。

2006122000.jpg


ぱ「にゃは」

2006122020.jpg




近くのドッグカフェの屋上に広がる芝生に行くと、大興奮です。

2006122001.jpg



ぱ「ひゃっほーい」

2006122002.jpg



と、飛び回り、
こっそり、花を食べたりします。

2006122004.jpg



そんな、植物と自然をこよなく愛するパン子のお気に入りが、これ。
ぱ「あたい、ヨーセイみたいだしょ。」

2006122003.jpg



でも、毎回そんな芝生で走れるわけじゃぁ、ありません。
私たちだって、散歩に行けないときだってある。


そんなときパン子は、べランダでひとりまどろみます。

ぱ「はぁ、今日はお外にいけないのね・・・。かわいそうなあたい」
(注:水玉みたいな斑点は、窓に付いた水滴がかわいたものです)

2006122010.jpg



もちろん、それを支えるのは、わたくしです。

2006122011.jpg



6.7キロのカタマリを一身に受け止め、支えているのであります。


たまに背筋を伸ばしてみるも

2006122012.jpg



やっぱり重いのであります。

2006122013.jpg



でも、そんな気も知らずに、パン子はひたすらまどろみ続けます。

ぱ「そういや、やっぱ、最近ゴハンの量減ったよなー・・・。ぜったいママのインボーだ。あたいを衰弱死させよーとしてるのね。」
2006122014.jpg



どーでもいいから、早く家の中に戻ろうよ。
あんたのおかげで、私の腕は毎回つるんだよ・・・。
【2006.12.20 (Wed)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
ヒカリモノ、きらい?
これ、なーんだ。

2006121901.jpg



わからんでしょー。
ちょっとひいてみます。

2006121902.jpg



ぶひひ。そうです。
正解は、なんと。

2006121903.jpg



プラントでした!
このはっぱの葉脈のところが、ラメッていて、とてもステキ。
(ちなみに、お花屋さんで見つけてきたのは、とよです)

でも、パンダにとってはこの得たいのしれない物体は、コワイらしい。
さすが、ビビリン。
動いていようが、とまっていようが、見慣れないものは何でもコワイようです。

ぱんだー。おいでー。
こわくないから。

と呼んでも、もちろんきません。

2006121904.jpg


ぱ「どーせ、近づいたら、またあたいのこと、びびらせんでしょっ」

そんなことないよ。おいで。
きれいだから、一緒にみよ。葉脈。

といっても、やっぱりきません。

2006121905.jpg


ひたすら、遠巻きです。

パンダは、野菜大好きベジタリアンなので、食われるよりマシだけどね。
なんたって、ほかのプラントは、容赦なく食べられ、種から数年かけて立派に育てたバジル君も、食い尽くされ、壊滅してしちゃったし・・・

かなすぃ。


【2006.12.19 (Tue)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ドライアイ
パン子の寝顔のブサイクさは、これまで数々披露してきたとおり、みなさんよくご存知だと思います。


・・・
・・・・
・・・・・
が。

最近のパンダは、もうオンナを捨ててるとしか思えない、そんな潔ささえ、感じます。

昨日はこんな感じでした。
2006121801.jpg


普通じゃん、って思うでしょ?
でも、近寄ってみると。
2006121802.jpg


目がとってもやばいです。

角度をかえると、よく見えます。
2006121803.jpg


おっ、のびをした。起きるのか!
2006121804.jpg


・・・と思いきや、再び目はウツロ気味。
熟睡してます。
2006121805.jpg


勇気を出して、もちょっと近づいてみました。
2006121806.jpg


こわいにょー。

また、見続けていると寝相を変えました。
2006121807.jpg


やっぱり、目は見開いている。しっかりと。
2006121808.jpg


そして、目頭にはうっすらとナミダが。
2006121809.jpg


ずーーっと、目、ひらいてたもんね。
そりゃ、乾燥するよ。

前にも書きましたが、こういうキモコワい状態で、
いきなりひくついたり、顔がけいれんしたり、
ねごといったり、おならしたりするわけですから、
そりゃぁ、面白いのです。

こりゃ、カレもできんわなー。


【2006.12.18 (Mon)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
来年のハガキ
年の瀬が近づいてきました。
今年は、パンダを使ってちゃんとした年賀状を作ろうと意気込む近藤夫婦


さっそく、おうちの小さなベランダにパンダを座らせます。
2006121710.jpg



でも、ぜんぜんこっちを見てくれません。
ぱ「ねみゅい。しかも、いまどき、カガミモチなんて・・・」
2006121711.jpg



ほれ、これやるから。
ちょっと目が真剣になってきたぞ。
2006121712.jpg



でも、やっぱり眠いんだね・・・。
2006121713.jpg



ぱ「ママ、もうあきたー。西日もまぶすぃし」
2006121714.jpg



というわけで、家の中へ場所を移して、再び撮影開始。
2006121715.jpg



でも、もうパンダ限界。

ぱ「ママ、まだぁ?さっきくれるって言ってたジャーキー食べたいんですけど・・・」
2006121721.jpg


鼻の穴も開き、かなりぶーたれてきたので、
この辺で撮影会は終了
果たして、どんな写真が年賀状となるのか?!

もし、ほしい方などいらっしゃいましたら、ミクシィなどで住所を教えてくださーい。


ちなみに、その後は死んだように寝ていました。
2006121720.jpg



【2006.12.17 (Sun)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
おふる
前に何度か書きましたが、うちの実家にはミニチュア・ダックスが2頭います。はなとうにです。

はなは未熟児だったので、体が普通のダックスよりかなり小さく、
うには肥満児なので、体が普通のダックスよりかなりでかい。

ゆえに、2人ともミニチュア・ダックス用の服を買ってもまったく着れないのです。

そこで、私の母、光子はある日、
「これ、パンちゃんにあげるー」といって、紺色のパーカーをくれました。もちろん、Mダックス用。

タダだし、着せてみると
2006121601.jpg


やっぱり、丈がどうしたって短い。

おまけにパンダは胸板が厚く、ジッパーがとまらないので、船乗り男みたいに、ワイルドセクシーな感じになりました。
2006121602.jpg


ぱんちゃん、あんた、減量中のボクサーみたいよ。
ぱ「これ、なに?ミョーにきついんだけど」
2006121603.jpg


そのうち、フードが引っかかり、顔すべてを覆って、パニクり始めました。
ぱ「おぉぅ!」
2006121604.jpg


しばらくほっとくと、ようやく顔が見えました。
2006121605.jpg


あら、まるでパピーのときのよう。
パーカーをいやがり、何度も脱ごうと、戦い果てたパンダでした。
2006121606.jpg


おつかれちょりん
【2006.12.16 (Sat)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(7)
ぽかぽかの日は。
私ととよが、せっせと汗をたらしてパンダの食費を稼いでる間。
パン子は、ケージの中でずっとお留守番しています。

雨の日も、風の日も。
しかも、最近寒いし。

で、数少ないぽかぽか日和の休日には、こんな感じでまったりしてます。
2006121501.jpg


ほっとくと、そのうち自分で寝床を窓辺に持って行きます。

しばらくすると、できあがってます。
2006121502.jpg


とっても暑そうなパン子ちゃん。
冬の日差しを一身に浴びて、ちょっとコワい。
2006121503.jpg


この意識モーローとする、エッジが気持ちいいみたい。
ゼェゼェ、ハァハァいいながら、お昼寝終了です。
ぱ「あづぃ・・・。でも、たまらん・・・」
2006121504.jpg


でも、コワいのは昼だけではありません。
夜になると、なんともなまめかしい姿を披露してくれます。

まるで、デスマスク。よだれもうっすら出てます。
2006121505.jpg


まじめくさった顔で寝てるけど、夢見てるのは、ご飯と散歩のことだけ。
2006121506.jpg


気づくとセクシーポーズになってました。
2006121507.jpg


うーむ。やっぱりアップにたえんな・・・。
2006121508.jpg


寝てても、やっぱりブチャイクなパンダ

ぱ「おやちゅみなちゃい・・・」
2006121510.jpg



夜は、ベッドで一緒に寝てますが、傍らにこんな顔のアップがあるので、寝る瞬間まで笑ってます。
毎日、笑って一日を締めくくれるのも、ブチャイクなパンダのおかげだ。
ありがと。


【2006.12.15 (Fri)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
あんた、のろった?
パンダは、どんなにイヤがることをやっても、文句をいいません。

うー
とも
ぐるる・・・

とも、言いません。

うんとも
すんとも、言いません。

とっても、いい子ちゃん

だから、私も調子に乗って、結構いろいろやりたい放題。

こーんなことも。
2006111001.jpg


あーんなことも。
2006111002.jpg


いろいろやってみたって
2006111003.jpg



やっぱりなにもいわない。うふふ。

とよは、
「いつか仕返しされるとばい」
とか
「天罰下るとばい」
とか
「パンダ、あれはママちんばい。わしじゃなかよ」
とか言ってるけど、
カルーく聞き流していました。

でも、そんな私に天罰としか思えない仕打ちが起きたのです。

それは、銀歯。

先週、右の歯が2本詰め物が突然取れました。
歯医者だいっきらいの私が意を決して歯医者に行くと、「左で噛んでくださいね」
と先生に言われ、左でかんでたら、数日後、今度は左の上の歯の詰め物が取れました。
「じゃ、しばらく前歯でかんでくださいね」といわれ、前歯でかんでたら、昨日、前歯の詰め物も取れたのです。
おかげで、液体しか食べれない!!!


ね、あんた何か呪った?
2006111010.jpg



ねぇねぇ、呪ったでしょ?あたしのこと。そうなんでしょ。
と、ゆさゆさゆすり続けると・・・

てめぇ、うっせぇんだよ。いっつも!
2006111011.jpg


と、いわんばかりのニラミをきかしてきやがったのです。

あんたの呪いのおかげで私は流動食しか食べれないんだよ・・・。
【2006.12.14 (Thu)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。