パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
08 // 2006.09 // 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
新たな闘い
みなさま

ご無沙汰しております。
私はこの2ヶ月の間に、転職をし、8月から広告代理店で通訳をしています。

パンダは、というと実は先日より厄介な病気にかかってしまい、私たち親ズも頭が痛い状況です。

いつもはこんな元気なパンダですが・・・
ddani.jpg


週末に体重を量りに行こうと軽い気持ちで久々に動物病院を訪れました。
先生「最近気になることはありますか?」
私ら「太ってきたかな、ということと・・・。あとはニキビができてきてるので、思春期なんですかね?」
先生「うーん。ではちょっと調べてみましょう。あっ、ここはげてますね。」
私ら「ストレスかなー」
パン「ぶぎゃっ!」(ニキビの組織を採取される)

待つこと10分弱。

先生「これは困りましたね・・・」
私ら「?!」
先生「ニキビダニという寄生虫がいます」
先生「母犬から遺伝したもので、個体同士の感染はありませんが治療に時間がかかります」

とのことだったのです。
これから12回、毎週注射と薬浴の治療が3ヶ月間始まるそうです。
インターネットなどで見ると、この薬浴に使われるのが農薬ということで、さすがに図太いパンダもこれを受けた翌日から2日ぐらいは元気がありませんでした。

このダニ、哺乳類なら誰にでもいるらしく、普段は悪さをしないらしいのですが、幼犬など免疫力があまりない犬や体質的に母犬から遺伝したりして、皮膚の毛穴の中で異常増殖するようです。そして部分ハゲができ、その後赤いブツブツができて、ウミのようなものも出てました。
パンダもそこまでいってました。

かゆがってはいないけど、なんだか注射と薬浴でグッタリぱんちゃん。
それを見ると後11回、耐えられるかちょっと不安です。

ぱ「どうせ、あたいはダニ持ちよ・・・」
ddani2.jpg


大丈夫!これから毎週治療にいこうねー。
ママたちもがんばって週末早起きして、病院に連れていくから・・・。
スポンサーサイト
【2006.09.13 (Wed)】 1才~ // TRACKBACK(0) // COMMENT(5)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。