パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
01 // 2006.02 // 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
虫持ち
最近パンダはの時にやたらとリキむ時間が長く、回数は一日二回ですが、量がものすごいんです。
一回、うーんと気張って出したやつをトイレに流しに行ってる間に、また第二弾を出しており、それを流しに行ってる間に、第三弾を出している・・・という感じ。

これがだいぶ長く続いていて、なんだろなーと思っていたら、なんと今朝血便が出てました。トイレシートに赤黒く残っていたので、ありゃーと思い、病院に連れてきました。

先生によれば、二つの理由が考えられるとのこと。

その1、散歩のさせすぎ。
私たちは、30分から40分ぐらい散歩させていて、長いときには1時間ぐらい歩くのですが、パンダぐらいの体格では1日20分でよいとのこと。しかもパンはうちで、狭い家の中を全力疾走してるので、それプラス1日40分のお散歩は長すぎるとのことでした。
お散歩をしてる間は、交感神経が活発になり、ものを消化する副交感神経の働きが鈍くなるため軟便になりやすいとのこと。
なるほどですね。

その2、虫の存在。
これは検便してもらって分かったのですが、パンダの腸にはコクシジウムという虫の卵があったそうです(数は1個だけ)。これは、よそのわんこから移ったのでなくおそらく母犬が感染した状態でパンダを生み、パンダはその母乳OR胎盤から感染したのでは?ということでした。つまり、こいつは生まれつき虫持ちだったわけです!
この卵はそれ自体が悪いわけでなく、免疫力が低下したときに血便や軟便として悪さを働くらしい。

というわけで、抗生剤などが入ったお注射と、甘いシロップ(駆虫剤)をもらいました。
今日は病院から帰ってからまだをしてないので、一体腸の中がどうなっているのか不明ですが、無事にパンダの細胞が虫を撃退し、排泄していることを願うのみですな。

パ「あたい、今日もびょういん行ったの。つかれたわ」
あまりじっくり見ないでほしいのですが、私はストッキングを履いた状態で上から寝巻きを着てるのです。
byoin1.jpg


パ「あたい、注射もしたのよ。だからもう寝るわ」
byoin2.jpg


本人はいたって元気そうですが、なにぶん早くブツを見て薬の成果を確認したいものです。
スポンサーサイト
【2006.02.10 (Fri)】 生後4ヶ月~生後6ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。