パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
11 // 2005.11 // 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ワクチンアレルギー
今日は、パンダを2回目のワクチンに連れて行きました。
初めてのお外、パンダはそれはそれはびくつきながら、袋の中から顔だけを出して、外の様子をおっかなびっくり見ていました。

「お注射行くよ」の声に「どこ、それ?」という視線で答えるパンダ
20051126231830.jpg


外が気になって首だけ出してみるパンダ
20051126232018.jpg


後ろに行ったりもする
20051126232122.jpg


病院では1時間ほど(立ちっぱなしで)センセイの丁寧な説明を聞き、パンダはこの日、5種ワクチンと、フィラリアの飲み薬と、虫下しをすることになりました。先生は、ボストンテリアは鼻の穴が小さいので、そこを切る手術をするよう勧めました。でも、ちょっと心配。だってまだいびきもぜんぜんかいてないし。

そして来月(3週間後)のワクチンは、狂犬病の注射も一緒にするとのこと。これもちょっと心配しちゃいました。そしてパンダはその後、別室に連れて行かれて注射をされ、フィラリアと虫下しの経口薬を飲みました。

「千匹に一匹ぐらいワクチンでアレルギーの出るコがいますが、30分以内に出ます」といわれ、何も反応が出なかったので、喜んで家に帰ってから30分後、(つまりワクチンを受けてから1時間後)パンダの口元が見る見るうちに真っ赤にはれ上がっていました。もうまん丸で、まるで北国の人のようになっていた・・・。

そこで病院に電話すると「ワクチンアレルギーの可能性があるから、至急連れてきてほしい」とのこと。抗アレルギー薬を打たれたらしく、家に帰ってくると少し赤みは引きましたが、やはり具合が悪いのかものすごく気が立っていて、私の手をかみまくり、(もちろん流血ものです)うなり、吠え、飛び回っていて、今までのパンダとはまったく違う様子で、こちらも不安でたまりませんでした。

もしかしたらワクチンが強すぎたのかな。いっぺんにいろんなものを体に入れられて、具合が悪いのかな、ごめんねパンダと心の中で何度も叫んで、涙が出ました。

パンダは5時間たってようやく眠りについたようですが、私ととよはしょぼんとしてしまい、次は別のお医者さんに行ってみようか、という話になりました。

こんなちっこい体で、ストレスを抱えて、痛い思いをして、かわいそうだと思いつつ、子育てってほんとに大変・・・と実感し、でも頑張るぞ!と気持ちを新たにしました。

明日は腫れが引いてるといいね!
スポンサーサイト
【2005.11.26 (Sat)】 ~生後3ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(14)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。