パンダと新米通訳ののんびり奮闘記
11 // 2005.11 // 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
待ちに待った日!!!!!
一日に何度も「後○回寝ると、パンダと一緒の生活」と考え、親子3人で始まる生活に思いを馳せた日々もとうとう、今日終わりました!!!

今日はパンダのお迎えに行きました
昨日まで、とよと私は道で本屋を見かけるたびに、「新しい犬を迎えるために」「よい獣医の選び方」から、「大丈夫、あなたの犬はきっと良くなる!」、果ては「犬との別れ」などのテーマの本を立ち読みあさり、その他にも「女の産み時」「こんにちは、初めてのベビー」などのマタニティセクションも網羅しました。
「女の産み時」系の本には、「だんなさんとの二人の生活を満喫したか?」などがチェックポイントになっており、それがたくさん当てはまれば「今こそ、あなたにとって最高の産み時」と書いてあり、私はまさにその時のようでした

そんなわけで、白黒で毛深いけど、なんだかすっかり一人産み落とした気分になり、今日の日を待ち望んできたのでした。

私は全身にかゆい発疹ができたので、午前中とよに病院に連れて行ってもらい、その後パンダを引き取って、6時から仕事というスケジュールだったので、結構内心あせっていました。でも、パンダのあまりにかわゆらしい(=だらしなく、無防備すぎ・・・)姿に心もほぐされ、担当の方の懇切丁寧な説明も上の空で、心の中は「やさしい木漏れ日がさす朝、始まる(パンダを迎えたのは夕方だったけど)新しい生活を始める近藤家」の図を描きまくっていました。

パンダは、小さい穴がたくさん開いたダンボールで出来たキャリーバッグに入れられ、相当抵抗しつつも、引き渡されました。箱の中で元気に暴れまくり、これってハタから見たら拉致だよなー、と思いながら車で家に向かいました。

家に着き、パンダをケージに入れると最初は内股でガクガクしながら、うろうろしてたけど、そのうち、しーっとおしっこを始め、飛び回り、とても気に入った様子でした。

その後も一度もトイレを間違えず、きちんとシーツの上でしてた!!!えらいぞ。そして寝まくっていました。
PICT0006.jpg



私が仕事先からメールで、とよにパンダの様子を聞くと、「この犬結構賢いかも」という返信で、早くも親ばかじゃん・・・と思ってしまった。パンダが来てまだ数時間だけど、近藤家はすでにポカポカしたハッピーオーラに包まれ始めました。

こいつ、1キロぐらいしかないくせに、その影響はデカイ!!
明日も日曜なので、親子3人でゆっくり過ごせそう。明日は初めてケージから出して、ちょびっと家の中の様子を見せてあげようと思います。

さっきまでたくさん飲んで、食って、出して、騒いで、遊んで、トイレシーツをびりびりにして遊んでましたが、ケージの上を大きな布で覆った途端、ピタリと静かになり、すぴすぴ寝始めました。効果てきめん!!
特に食べてるときは、顔全部をさらに突っ込んではぐはぐ食いついてました。
PICT0014.jpg




今日は眠くて写真がアップできなかったので、
明日たっぷりお見せしますね
スポンサーサイト
【2005.11.19 (Sat)】 ~生後3ヶ月 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
ゆかちん
  • ゆかちん
  • 我が家のコブタちゃんこと、ボストンテリア(2005年9月6日生まれ、女の子)の「パンダ」と新米通訳ゆかちんの心の中をのぞいていってください。ごゆるりと。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 近藤家のコブタ日記 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。